工法の特徴FEATURE

この工法は自走機能を持つメッセルシールド機の開削型を用いて、掘削・基礎・管の布設(またはコンクリートの直打設)・埋戻を連続して行う施工法である。下水道の管渠埋設・雨水排水渠の築造・河川改修工事などに使用されている。

オープンピット工法の特徴

オープンピット工法は、従来工法に比較し優れた特徴を有しています

  1. 開口部が小さいため工事占有面積が小さい。
  2. 掘削に伴い開口部が移動するため、周辺住民に与える影響が小さい。
  3. 無振動・無騒音の土留工となる。
  4. 工期の短縮を図れる。

オープンピット工法は、シールド機に自走機能があります

このため

  1. 函渠が傷まない。
  2. シールド機内部の作業は従来工法と同じ作業となり、特殊技能工が不要。
  3. 基礎工ができるため、布設精度は良好。
  4. シールド機と函渠の隙間(クリアランス)をとっているため、施工性が良好。
  5. 立坑築造に際し、反力壁などの付帯設備が不要。

オープンピット工法の施工手順

シールド機周面に装着されたメッセルを地山に貫入しながら、バックホウで切羽を掘削する。全メッセルを貫入後、全てのメッセルを縮めると、メッセルと地山の摩擦を利用して、シールド機内部のフロントフレームが前進する。

次にシールド機中間部にある中間ジャッキを縮めるとテールフレームが前進し1サイクルが完了する。管長分掘進したところで、シールド機テール部にて基礎工-管渠布設工を行う。


工期短縮!コスト削減!は、お任せください。

オープンピット工法に関する
お問い合わせ、ご相談、お見積りは右記まで。
オープンピット工法協会 事務局
03-5408-1870
お問い合わせ