小型機「オープンピットSMALL」OPEN PIT SMALL

掘削深2.5m以下の小断面専用
オープンピット工法SMALL(ジオミターシールド)

本工法は、掘削幅2.7m・掘削深2.5mまでの比較的小断面の施工を目的に考案したシールド機です。簡易土留工法の代わりに御検討下さい。

これまでのシールド機は、布設する製品が変わる毎にシールドの改造をしていましたが、本工法ではシールド機幅を4断面(機幅2.7・2.5・2.1・1.8m 機高2.5mまで)に固定し、低価格で御提供します。従来工法で施工が困難である現場状況で是非御検討下さい。

オープンピットSMALLの規格表

シールド機幅 (掘削幅) シールド機高(掘削深)
標準仕様 覆工仕様(覆工板別途)
1800mm 2000mm 2500mm
2000mm 2000mm 2500mm
2200mm 2000mm 2500mm
2500mm 2000mm 2500mm
2700mm 2000mm 2500mm

御見積条件

  1. 本工法の仕様は上記のみとなっています。
  2. シールド機の現場での組立・解体作業を含んでいません。
  3. シールド機の組立・解体に際し、3名程度の作業員が必要となります。
  4. 組立に当たっては、組立解体要領書にあります所定の工具を御用意頂きます。
  5. 覆工仕様には覆工板は付いていません。覆工受け桁・高さ調整材が付属しています。
  6. 契約条件は、現場車上渡し(茨城県五霞町~及び福岡県博多区~)となっております。
  7. 上記に伴う、回送費は距離に応じお見積させて頂きます。
  8. 一般に、ボックスカルバート800mm(機幅1800mm)~1500mm(機幅2500mm)程度まで布設可能となっています。
  9. 上記以外の断面仕様を御希望の場合には、別途御相談賜ります。
  10. 最低保証、価格があります。

工期短縮!コスト削減!は、お任せください。

オープンピット工法に関する
お問い合わせ、ご相談、お見積りは右記まで。
オープンピット工法協会 事務局
03-5408-1870
お問い合わせ